精神分析解剖 

 
精神分析解剖TOP
用語解説
意識
自由連想法
エディプスコンプレックス
精神分析解剖
精神分析解剖
精神分析のルーツ(メスメル)
始祖たちの疚しさ
学問としての精神分析
医療行為としての精神分析
捏造される記憶
批判を越えて
精神分析家の系譜
フロイト
ユング
ラカン

 

 

  

 

エディプスコンプレックス
エディプスとは、ギリシア神話に登場するオイディプス(エディプス)王のこと。ソフォクレスの書いた悲劇「オイディプス」によって名高い。
オイディプスは知らぬ間に父親を殺害し、母親を娶り交わったとされるテーバイの王。

フロイトは幼児には異性の親への性的要望と、競争者である同姓の親を殺害しようとする憎悪が存在すると考えた。
しかし、その感情は恐怖(去勢不安)から抑圧され無意識化される。

フロイトは男児のエディプスに対して女児にはエレクトラという名前を与えたが、コンプレックス(複合)という概念は否定していた。エディプス・コンプレックスという名称が定着したのは彼の死後、フロイトの意向を無視した弟子たちの皮肉な功績である。
[PR] 離婚相談室 離婚相談 [PR] 探偵社 探偵/ 探偵 大阪/ 探偵 東京

 

 

 

 

 

 

COPYRIGHT 2001 ALL RIGHTS RESERVED 精神分析